BLOG

ブログ

H1: 自動運転(5G) がもたらす宅配への影響と新しい宅配のかたち

自動運転技術の導入を待ち望んでいる業界は数多くありますが、その中でも近年インターネットやスマホの普及によりネットショッピングなどECサイトの利用増加で宅配の需要が急増している物流業界は自動運転(5G)の実用化を待望しています。

配送荷物の増加や配達員の人手不足など物流クライシスの課題解決策として、日本国内の物流業界で同運転車や宅配ロボットなどのニーズは高まっていています。

自動運転(5G)が実現することで、宅配にどのような影響を与え、新しい宅配はどうなっているのか?

今回の記事では、自動運転(5G)と宅配の関係を掘り下げていきます。

自動運転と5Gの関係

今現在、世界中で自動運転の技術が注目されています。

自動運転車の運転状況や交通情報、周囲の環境情報など膨大なデータが自動走行中の車からサーバーへと送られて、その情報を総合的に判断してそれぞれの車に対してベストな走行ルートや安全に走行できる情報を自動運転車へ送るといったデータのやり取りがリアルタイムで瞬時に行われる最先端の通信技術が必要となります。

そんな自動運転車に必要な次世代移動通信システムが「5G」です。

2019年2月9日に、5Gを利用した複数第の自動運転車を公道で走行させる、日本国内初の自動運転実証実験が行われました。

結果、時速30kmで安全に走行ができ実験は成功しました。

走行の指令は5Gの通信で遠隔操作することが可能で、走行中の様子を高精度な映像で管制室へ送ることができています。

また、5G通信を活用することによって管制室からブレーキやアクセル、ハンドルの操作など遠隔で指示されてもタイムラグが少なく、安全に走行することが可能となっています。

自動運転車の今は?

現在、自動運転車を走行させるには国内の法整備が必要ですが、限定された特定のルートでああれば自動運転車を走行させられるのでは、と言われています。

日本国内どんな場所からでも無人で走行するタクシーやバスを呼ぶことが可能となったり、AIが走行先の渋滞を避けて最短で目的地に着けるコースを選択うることが可能となったりするでしょう。

そして、宅配ドライバーの負荷を軽減させることもでき、新しい形の物流になることも予想されます。

  1. この記事へのコメントはありません。